image

環境目標・実績

環境経営目標

地球温暖化などの環境問題は、世界規模で解決されるべき喫緊の課題です。政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすると表明しました。
これを受け、当社では『2050年までにCO2排出量を実質ゼロにする』目標を設定しました。同時に短期目標として売上百万円に対するCO2排出量の年平均1%以上の改善、中期目標として2030年までに2018年比50.4%削減を目指します。
CO2削減の取り組みとして、節電活動や省エネ化、物流の最適化等を進めるとともに、今後太陽光など代替エネルギーや再生エネルギーへの移行のために準備研究を進め、脱炭素に向けての取り組みを加速させていきます。

項目 目標 活動内容
CO2排出量 短期
スコープ1 年4.2%削減
スコープ2 年4.2%削減
スコープ3 年2.5%削減
(2018年比)
2030年までに
スコープ1+2    2018年比50.4%削減
スコープ3      2018年比30%削減
スコープ1+2+3    2018年比37%削減
2050年までに
CO2排出量を実質ゼロに
脱炭素
食品ロス 短期
原単位で年平均1%以上改善
2030年までに
2018年比50%削減
2050年までに
2018年比75%削減
食品ロス削減
使い捨て
プラスチック
使用量
2026年までに
2020年比50%削減
2030年までに
石油由来プラスチック比率をゼロに
脱プラスチック
水・エネルギー・電力 原単位で年平均1%以上改善 脱炭素
水資源の保全
  • 原単位は、売上高百万円あたりの使用量、排出量

環境関連データ

項目 2018
基準年
2020 2021 2022 2023
温室効果ガス(GHG) スコープ1・2の合計排出量
(t-CO₂)
433,854 349,382 303,107 310,692 316,405
スコープ1・2の原単位
t-CO₂/百万円)
1.184 1.211 1.146 1.023 0.892
スコープ1の原単位
t-CO₂/百万円)
0.364 0.395 0.379 0.350 0.293
スコープ2の原単位
t-CO₂/百万円)
0.820 0.816 0.766 0.673 0.599
スコープ3の原単位
 t-CO₂/百万円)
2.721 2.733 2.717 2.580 2.318
取水量 総取水量(t) 8,947,940 6,504,199 5,806,070 6,183,233 6,252,285
上水取水量(t) 8,636,247 6,220,650 5,524,201 5,879,120 5,976,865
地下水取水量(t) 311,693 283,550 281,870 304,114 275,420
原単位t/百万円) 24.42 22.55 21.95 20.36 17.62
排水量 総排水量(t) 8,823,293 6,368,901 5,675,980 6,068,144 6,127,238
下水道放流(t) 8,102,690 5,748,625 5,143,104 5,514,065 5,538,217
河川放流(t) 720,603 620,276 532,876 554,079 589,022
エネルギー 使用量(原油換算kl) 213,875 187,313 166,957 178,608 179,620
原単位(kl / 百万円) 0.584 0.649 0.631 0.588 0.506
電力 使用量(千kWh) 597,699 529,731 478,445 515,100 517,570
原単位(千kWh / 百万円) 1.631 1.837 1.808 1.696 1.459
食品廃棄量 食品廃棄の発生量(t) 40,698 27,340 26,076 26,959 27,549
食品廃棄の再生利用量(t) 13,312 7,342 7,916 8,865 8,195
食品廃棄量(t) 26,443 19,207 17,156 16,919 18,554
食品廃棄量原単位
(kg / 百万円)
73.67 68.60 66.69 57.88 63.48
食品廃棄の再生利用等実施率(%) 38.5 35.1 37.9 44.9 49.9
食品以外
廃棄量
食品以外廃棄の発生量(t) 48,218 35,118 32,320 31,854 35,755
食品以外廃棄の再生利用量(t) 9,748 7,996 7,354 8,155 9,724
食品以外廃棄量(t) 38,471 27,122 24,966 23,699 26,031
廃棄量合計 廃棄物の発生量(t) 88,916 61,667 57,392 57,637 63,304
廃棄物の総再生利用量(t) 23,060 15,338 15,270 17,019 17,919
廃棄物の総廃棄量(t) 64,914 46,329 42,122 40,618 45,385
使い捨てプラスチック プラスチック包装材使用量(t) 1,541 2,383 1,971 1,738 1,186
原単位(kg / 百万円) 4.29 8.51 7.66 5.95 3.49

温室効果ガス(GHG)排出量

スコープ1:直接排出

(単位:t-CO2)

2018
基準年
2020 2021 2022 2023
スコープ1 133,527 113,886 100,343 106,248 103,798

スコープ2:エネルギー起源の間接排出

(単位:t-CO2)


2018
基準年
2020 2021 2022 2023
ロケーション基準 300,707 251,804 219,626 229,030 224,084
マーケット基準 300,327 235,496 202,764 204,444 212,607

スコープ3:上記以外の間接排出

(単位:t-CO2)

カテゴリー 2018
基準年
2020 2021 2022 2023 算定方法
1. 購入した製品・サービス 764,099 590,957 540,500 593,241 633,974 製品別納品重量(サービス)×重量(金額)ベース排出原単位(IDEAv2参照)
2. 資本財 62,386 51,722 43,411 51,785 48,841 設備投資金額×資本財価格当排出原単位
3. Scope1,2に含まれない燃料及びエネルギー活動 74,095 64,107 56,547 60,483 60,985 エネルギー使用量×エネルギー当排出原単位
4. 輸送、配送(上流) 53,749 44,952 42,658 43,568 46,411 輸送トンキロ×トンキロ法排出原単位
5. 事業から出る廃棄物 8,847 6,630 6,281 6,642 5,280 廃棄物種類別排出量×種類別原単位
6. 出張 815 801 774 647 741 正社員人数×従業員数当排出原単位
7. 雇用者の通勤 25,676 22,772 22,822 21,768 21,739 勤務日数×勤務形態・都市区分別排出原単位
8. リース資産(上流) 対象外
9. 輸送、配送(下流) 対象外
10. 販売した製品の加工 対象外
11. 販売した製品の使用 対象外
12. 販売した製品の廃棄 1,737 2,227 2,610 2,202 1,199 廃棄物排出量×項目別排出原単位
13. リース資産(下流) 対象外
14. フランチャイズ 5,582 4,216 3,339 3,284 3,256 FC店舗延べ床面積×延べ床面積当排出原単位
15. 投資 対象外
スコープ3 996,986 788,384 718,942 783,620 822,426

スコープ1・2・3の合計

(単位:t-CO2)

  2018
基準年
2020 2021 2022 2023
ロケーション基準 1,431,220 1,154,074 1,038,911 1,118,898 1,150,308
マーケット基準 1,430,840 1,137,766 1,022,049 1,094,312 1,138,831
  • 排出原単位は、環境省「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出等の算定のための排出原単位データベース(Ver.3.3) 」を使用
  • カテゴリー14 フランチャイズの対象は、株式会社トマトアンドアソシエイツのFC店舗

スコープ別排出量割合

(単位:%)


2018
基準年
2020 2021 2022 2023
スコープ1 9.3 10.0 9.8 9.7 9.1
スコープ2 21.0 20.7 19.8 18.7 18.7
スコープ3 69.7 69.3 70.3 71.6 72.2

スコープ・カテゴリー別排出量割合

廃棄物関連

当社では、事業活動にともなって発生する廃棄物の排出量をできる限り抑制するとともに、リサイクルを推進し、廃棄物の削減に取り組んでいます。

環境に関する法違反・事故・苦情の状況

当社では環境に関する罰金・科料の有無について公表します。なお2023年度も2021、2022年度に続き、社内外の環境に関わる罰金・科料は0円でした。