image

職場環境

活動事例

労使関係

すかいらーくグループでは、経営上の課題については、労働組合から業務の現況をふまえた提言を受け、活発な議論を行っています。人事制度等の運用や改定についても十分に協議した上で実施しています。このような労使の関係により、企業運営の客観性や透明性を担保するとともに、様々な施策の実効性と確実性を高めています。
従業員の代表である労働組合がマネジメントと関わる具体的な仕組みとしては、中央労使協議会を年2回以上開催し、各業態ごとの課題に関して協議をする労使協議会を毎月開催、人事制度や労務等の課題を人財管掌部門と協議する労使連絡会等を定期開催しています。

超過労働時間の削減

すかいらーくグループでは労働関連法の遵守徹底に加え、労使が協力して長時間労働の抑制や年次有給休暇の取得推進に取り組んでいます。
超過労働時間に対しては、過重労働者に対して上長および人財管掌部門からの毎月の後追いを行い、改善対策を実施しています。また営業部の上級管理職が参加する労務改善会議を毎月開催し、残業・公休取得等の労務データを共有し、労務リスクへの対策を講じるとともに、具体的成功事例を共有して営業部全体への横展開につなげています。
従業員の働き方改革の一環として2012年以降、段階的に営業時間の見直しを進め、2020年には24時間営業の廃止をはじめグループの深夜営業時間の短縮を大規模に実施することで、ワークライフバランスの推進を図っています。

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
平均残業時間(時間) 26.9 27.9 27.2 16.9 17.8
1ヶ月当たり総労働時間(時間) 199.0 200.0 192.2 196.9 185.9

生活賃金支援(仕事と家庭の両立支援)

すかいらーくグループでは従業員がワークライフバランスを保ち、育児や介護などと両立しながら安心して働くことができるよう、様々な制度を設けています。一例として勤務エリアを限定した社員については小学校卒業まで育児短時間勤務制度の適用を受けられるようにしています。
また、18歳未満の子どもを扶養する社員へは、子ども1人につき毎月10,000円を支給し、仕事と家庭の両立を支援しています。

労働安全衛生

すかいらーくグループでは、安全衛生委員会を設置し、安全衛生に関するリスクアセスメントの実施をはじめ、様々なモニタリングを通じた課題や対策の検討とマネジメントへの報告を行っています。また、定期的に産業医や有識者から、労働安全に関して職場で起こり得るリスク等のアドバイスを受け、改善対策に役立てています。