image

安全衛生方針

株式会社すかいらーくホールディングスは、労働安全衛生の国際基準および規制、労働基準法、労働安全衛生法等関係法令、およびすかいらーくグループ就業規則に基づき、労働協約を遵守するとともに、安全衛生活動の充実をはかり、労働災害を未然に防止するために必要な基本的事項を明確にし、従業員の安全と健康を確保するとともに快適な職場環境の形成を促進します。
また、当社グループすべての従業員および取引先・ビジネスパートナー、その他関係者の労働安全衛生の確保が企業活動の重要であると認識し、安全衛生方針を実現するために、私たちは以下の5つの事項に取り組みます。

安全衛生の基本方針

  1. 労働者の危険または健康障害を防止するための措置に関することを実施する。
  2. 労働者の安全または衛生のための教育に関することを実施する。
  3. 健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関することを実施する。
  4. 労働災害の原因および再発防止対策に関することを実施する。
  5. 快適な職場環境の形成に関することを実施する。

2014年7月1日施行

労働安全衛生のマネジメント体制

すかいらーくグループでは、安全衛生委員会を設置し、月1回の安全衛生に関するリスクアセスメントの実施をはじめ、様々なモニタリングを通じた課題や対策を、会社側の代表者と労働者側の代表者で協議・検討するとともに、マネジメントへの報告を行っています。
また店舗、工場、本部それぞれが、「リスクアセスメント」による潜在的リスクの撲滅、低減活動を中心に、安全衛生活動に対する意識を高め、業務上の健康と安全に関する事故を減らすために、毎月安全衛生ニュースを発行し、主に再発防止について指導を行っています。
内部監査のチェックや定期的に産業医や有識者からも、労働安全に関して職場で起こり得るリスク等のアドバイスを受け、改善対策に役立てるなど、管理体制を継続的に向上させる取り組みを実施しています。
さらに取引先に対しても、取引開始前に当社の調達ガイドラインへの同意を求めるプロセスにおいて、従業員の職務上の安全・健康の確保を最優先とし、事故・災害の未然防止に努めることを要件の1つとしております。

労働安全衛生のリスクアセスメント推進体制